敏感肌化粧水の口コミランキング

【10代編】化粧水のおすすめの使い方とスキンケアのポイント

思春期の10代は、肌が荒れやすい時期です。
安い化粧水を使って肌が保てれば良いですが、敏感肌の人には合う合わないがあります。
敏感肌の化粧水含め、どんなところに注意して使用するのが良いのかを紹介します。

正しい洗顔が肌の質を決める

10代のスキンケア

どんなに高級で、口コミ評価の高い敏感肌化粧水を使用しても、洗顔方法が適当だとその効果はほとんど期待が出来ません。
洗顔は、清潔な手でぬるま湯を使用します。
ぬるま湯を使用することで毛穴が広がりやすく、汚れを落としやすくなります。
そして、たっぷりの泡でなでるようにして汚れを落としていきます。
擦らなくても泡が汚れをしみ込んでくれるので、泡をしっかりと肌に乗せるようにしましょう。
最後にぬるま湯で汚れを落とし、清潔なタオルでしっかりと水分を取って終了となります。

紫外線のケアが不可欠

10代が他の年代と最も違うのは、紫外線を浴びる量が他の年代と比べて、格段に多いことが挙げられます。
体育の授業や部活動で長時間外にいることが多いため、日焼け止めなどを塗っても汗で流れて、効果が薄れてしまうのです。
そんな時は、敏感肌化粧水で肌のダメージを軽減させてあげることが効果的です。
保湿効果の高い敏感肌用化粧水を選んで、洗顔後優しく肌にしみ込ませるように塗ると、しっかりと効果を得ることが出来るでしょう。
洗顔時に、肌をごしごし擦らないのも大事なポイントです。
敏感肌の人は、手で塗る他にコットンにしみ込ませて塗る方法もありますので、試してみてください。

皮脂やテカりを抑える

10代のスキンケア

肌が乾燥すると、皮脂が出てきてテカりを感じるようになります。
この皮脂汚れはニキビの原因となりますので、注意が必要です。
皮脂やテカりは洗顔で落とすことは出来ますが、根本の原因は乾燥となりますので、乾燥しないように肌の保湿に気を使う必要があります。
洗顔の時に、皮脂汚れが残った状態で敏感肌化粧水を塗ると効果が薄れてしまうので、しっかりと汚れを落としてから敏感肌用の化粧水を塗るようにしましょう。

乾燥していないから必要ないはNG

「私は肌の保湿がしっかりしているから敏感肌化粧水は必要ない」、はNGです。
普段のケアを継続することで、肌トラブルを回避することが出来るのです。
10代は、まだまだ美容に関しての意識が薄い時期です。
そんな時からでも、洗顔から敏感肌化粧水(保湿)の流れを体にしみ込ませておくと後々楽になるかと思いますので、意識してみてください。

まとめ

冒頭で触れたように、10代は肌に関するトラブルが多い時期です。
洗顔から敏感肌化粧水まで正しく使用するよう心掛けることで、敏感肌の人でも肌トラブルなく学生生活を過ごすことが出来るのではないかと思います。

<口コミ満載!敏感肌用化粧水のランキングはこちら>

Menu
ページTOPへ戻る