敏感肌化粧水の口コミランキング

【20代編】化粧水のおすすめの使い方とスキンケアのポイント

20代は思春期の難しい時期を終えて、肌の状態としては割と良い状態が続きますが、20代後半になってくると肌が下り坂に突入していきます。
この時にしっかりとケアを行わないと、30代以降の自分の肌に跳ね返ってきますので、今は何も影響が出ていなくてもしっかりとケアを行うようにしましょう。

保湿により気を使う

20代の敏感肌スキンケア

20代後半になると、10代の頃に比べて肌が乾燥しやすくなります。
だからといって、化粧水を何でもかんでも塗りたくれば良い、というわけではありません。
保湿に効果のある成分が存在して、「セラミド」という成分が多く含まれている敏感肌化粧水を選ぶと良いでしょう。
敏感肌の人ならば、セラミドが含まれているからといって痛みやかゆみを感じるような、肌に合わないものを使い続ける必要はなく、多少は保湿効果が薄れても自分の肌に合う敏感肌用化粧水を探していきましょう。

毛穴の皮脂汚れをケア

10代が他の年代と最も違うのは、紫外線を浴びる量が他の年代と比べて、格段に多いことが挙げられます。
体育の授業や部活動で長時間外にいることが多いため、日焼け止めなどを塗っても汗で流れて、効果が薄れてしまうのです。
そんな時は、敏感肌用の化粧水で肌のダメージを軽減させてあげることが効果的です。
保湿効果の高い敏感肌用化粧水を選んで、洗顔後優しく肌にしみ込ませるように塗ると、しっかりと効果を得ることが出来るでしょう。
洗顔時に、肌をごしごし擦らないのも大事なポイントです。
敏感肌の人は、手で塗る他にコットンにしみ込ませて塗る方法もありますので、試してみてください。

刺激の少ない化粧水選び

20代の敏感肌スキンケア

化粧水と一言でいっても、メーカーやブランドによって効果や成分は異なります。
アルコールやエタノールが含まれていたり、香料、着色料が含まれている場合は、肌に刺激を与える可能性があります。
敏感肌化粧水であれば、そういったものを使用していないのが大半だと思いますが、そんな中にも使用している可能性がありますので、購入するときには表示をしっかりと確認してからにしましょう。

生活習慣から肌の質を向上

いくら良い化粧水を使用して丁寧な洗顔を行っても、生活環境が乱れていると肌にトラブルが発生してしまいます。
20代は新生活になるので乱れやすいのですが、睡眠時間をしっかりと取ること、バランスの良い食事を取ること、運動を心掛けること、タバコやアルコールを控えること、紫外線を避けることは普段から心がけましょう。
そして、可能であれば加湿器を使用して保湿を心掛けるのと、化粧水パックやマッサージなどを定期的に行って、肌に刺激を与えないようにしましょう。

まとめ

10代の時は思春期で肌トラブルが発生しても、若さゆえに治りも早く何とか乗り越えていくことが出来ます。
ただし、20代になると化粧をする機会が増えたり食生活などの生活環境が変化するため、今までのケアでは足りなくなっていきます。
敏感肌化粧水を使用するなどして、20代のうちから30代、40代に向けてしっかりとケアをしていきましょう。

<口コミ満載!敏感肌用化粧水のランキングはこちら>

Menu
ページTOPへ戻る