敏感肌化粧水の口コミランキング

【30代編】化粧水のおすすめの使い方とスキンケアのポイント

30代は、出産や育児を行う時期に重なりやすくなるため、肌に限らず自分のために使える時間というのが極端に減っていきます。
また独身であっても仕事が一番軌道に乗ってくる時期で、生活習慣も乱れやすくなる難しい時期といえます。
そのため、なおさら簡単にケアが出来る敏感肌用の化粧水やスキンケアが重要になってきます。

洗顔をきちんと行う

30代の敏感肌化粧水

仕事や家事で毎日を忙しく過ごしている30代は、マッサージや保湿パックをする時間すらない人が大勢いると思います。
そんな人でもお風呂には入るでしょうし、洗顔だけはきっちりと行うようにしましょう。
普段さっと流れで行うだけの人も、一分でも二分でも少し時間をかけて丁寧に行います。
皮脂汚れをしっかりと落とせば、敏感肌化粧水の効果も全く異なります。

紫外線対策は万全に

夏場だけではなく、一年通して日焼け止めは欠かさず塗るようにしましょう。
日焼けは肌が黒くなるだけではなく、数年後(30代後半から40代にかけて)の自分の肌に影響を与える恐ろしいものです。
日焼け止めも数値が高いものを極力使用するようにして、歩く時はなるべく日陰を歩くように意識してください。
そして、外から帰ったら敏感肌化粧水を塗るなどして、ダメージを残さないように心がけることも非常に重要です。

見た目年齢を意識

30代の敏感肌化粧水

30代になれば肌の調子が落ちてくるので、年齢相応の肌であれば良いと思う人は、ほとんどいないでしょう。
誰でも実際の年齢よりは若く見られたいと思うものですので、見た目に若く見られるような張りのある若々しい肌になるよう意識していきましょう。
具体的には毛穴の広がりであったり、ほうれい線がポイントになってきます。
毛穴の広がりは、毛穴を引き締めるように皮脂汚れをしっかりと落とし、敏感肌化粧水で肌を引き締めましょう。
ほうれい線は、マッサージやスキンパックなどを行い対策を施します。
30代からプラス5歳なのか、マイナス5歳なのかで10歳分も見た目が変わってくるのです。

生活習慣の改善

もっとも難しいことかもしれませんが、忙しい中でもしっかりと睡眠時間を確保したり、食事に気を遣うようにしましょう。
他のことを全て完璧にこなしても、生活習慣が乱れていると成果として表れにくくなりますので、出来る限り意識するようにしなければいけません。

まとめ

30代になると、明らかに自分のために使う時間が減っていきます。
そんな中でも、しっかりと肌の状態を意識しましょう。
自分の肌がどうなっているのかが分かれば、どのように対策を施せば良いのかが分かりますので、毎日鏡を見るなどして自分の肌をチェックしてみてください。

<口コミ満載!敏感肌用化粧水のランキングはこちら>

Menu
ページTOPへ戻る