敏感肌化粧水の口コミランキング

ヒフミド

30代や40代になると、若い頃のような肌の弾力を失ってしまい、肌に潤いが足りないと感じている人が増えます。
その理由は、体内で作られるコラーゲンの量が減少してしまうため、肌が乾燥してしまうからです。
加齢を止めることは誰にも出来ませんが、コラーゲンの量が減少したのであれば、肌に潤い成分を与えてあげれば良いのです。

そして潤い成分として注目されているのが、ヒト型セラミドです。
ヒト型セラミドは通常のセラミドと比較し、人の体内に存在するセラミドと同じ構造をしているため、肌への浸透力が高く保水力が3倍といわれています。
セラミド自体は多くの化粧水で潤い成分として配合されていますが、ヒト型セラミドを配合している化粧水はヒフミドだけです。

ヒフミドの詳細

ヒフミド
容量 120ml
値段 3,240円
メーカー 小林製薬
成分 水、BG、グリセリン、ジグリセリン、ベタイン、ペンチレングリコール、メチルグルセス-20、セラミド1、セラミド2、セラミド3、グリセリルグルコシド、カンゾウ葉エキス、ポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-61、ナットウガム、イソステアリン酸、PEG-60水添ヒマシ油、アルギン酸Na、キサンタンガム、ポリアクリル酸Na、フェノキシエタノール、クエン酸Naです。
肌質 乾燥肌や敏感肌の人にオススメです。 
効果 セラミドには肌細胞の隙間で潤いや油分を閉じ込めて、肌を乾燥から守る働きがあります。
特にヒト型セラミドは、セラミド成分の中でもヒトの肌と同じ構造をしているため、肌の奥までしっかり浸透します。
そのため、保水力が3倍といわれるぐらい保湿効果が高い化粧水です。
乾燥から肌を守るため肌のバリア機能がアップしたり、またシワやシミの予防の効果もあります。

おすすめポイント

ヒフミドのオススメポイントは、なんといっても潤い成分が他の化粧水と比較しても、ダントツで優れている点です。
そしてヒト型セラミドを配合しているため、人の肌と同じ構造を持ち、肌にノーストレスで敏感肌の人でも安心して使用出来ます。

<口コミ満載!敏感肌用化粧水のBEST4はこちら>

ヒフミドの特徴

ヒト型セラミドが配合されているため保湿効果が高く、また人の肌の構造と似ているため、肌に負担を与えません。
そのため乾燥肌の人、敏感肌の人でも安心して使用することが出来る化粧水です。

ヒフミドの成分

ヒフミドの成分の目玉は、ヒト型セラミドを配合していることです。
成分表示を見てもらうと気付くと思いますが、セラミド1、セラミド2、セラミド3と記載されています。
これは何かというと、それぞれ異なる役割があるのです。
セラミド1は、水分保持能力が高くバリア機能があるセラミドです。
セラミド2は、水分保持能力が高いセラミドです。
セラミド3は、水分を保持し、シワを減らす効果があるセラミドです。
この3種類のセラミドが配合され、しかもそれが通常のセラミドの3倍の保水力を持つヒト型セラミドですから、効果はかなり期待出来るといえるでしょう。

ヒフミドの使用感

保湿効果が高いというと、しっとり系をイメージするかもしれませんが、意外と使用感はさっぱりしています。
ですが、やはり使用後にジワジワと肌に浸透し潤いが長持ちするのが分かります。

ヒフミドの口コミ情報

女性アイコン 50代女性 ★★★★
ヒト型セラミドという言葉に惹かれて、ヒフミドを使用してみました。
思ったよりもつけ心地はさっぱりしているのに、しっかり肌に浸透し潤い効果が長持ちするので満足しています。
女性アイコン 40代女性 ★★★★★
30代に突入した頃から、乾燥肌に悩まされるようになりました。
そこで潤う効果があるヒフミドを使用してみたところ、肌の潤いが甦り、20代の頃の肌に戻ったみたいです。

女性アイコン 30代女性 ★★★★
敏感肌なので、なかなか自分の肌に合う化粧水を見つけることが出来ませんでした。
ですが、ヒフミドなら敏感肌の人にオススメと紹介されていたので、トライアルセットを試してみたところ、潤いとハリのある肌になることが出来ました。
もちろん、そのまま継続して購入するつもりです。

<口コミ満載!敏感肌用化粧水のBEST4はこちら>

Menu
ページTOPへ戻る