敏感肌化粧水の口コミランキング

皮膚科医がオススメする敏感肌化粧水の正しい使い方とは?

敏感肌の人にとって、自分に合っている化粧水を選ぶ必要がある、と皮膚科の先生も答えています。

敏感肌用の化粧水には保湿液がたっぷりと入っているため、自宅でケアを行うには最適なのです。

皮膚科の先生が考える化粧水とは?

皮膚科医

化粧水は水分を補給して、肌環境を整えるという大きな役割があるといわれています。
自分の肌に合っている敏感肌用化粧水を使うことで、健康的な細胞を作り出すことが出来るようになります。

肌トラブルが起きやすい敏感肌の人にとっては、なくてはならないのが化粧水です。
化粧水も何でも良いという訳ではなく、敏感肌用の化粧水しか肌に合わないという人もいるので注意しましょう。

皮膚科の先生いわく、肌に合っている化粧水を使っても、使い方を間違ってしまうと肌の健康的な細胞を作り出すことが出来なくなってくるそうです。
また敏感肌の人にとっては大敵の、乾燥を引き起こしてしまうこともあります。

敏感肌用化粧水の使い方が間違っている

皮膚科の先生いわく、洗顔やお風呂上がりなどに何度もパッティングを行う人は、ケアをしているつもりでも逆に肌を傷つけているそうです。
肌は私たちが思っている以上に敏感で、何度もたたいてパッティングを行うと肌を傷つけてしまい、水分が逃げていってしまうこともあります。

それこそが敏感肌に繋がってしまい、皆が間違えやすいところなのです。

また、手でこすりつけるように敏感肌用の化粧水を付けるのも、肌を傷つけてしまいます。
肌にこすりつけるようにすることで、化粧水の浸透が早まることはなく、摩擦により肌トラブルになってしまうこともあります。

皮膚科では敏感肌の患者さんも多くいて、その都度皮膚科の先生は正しい使い方や、敏感肌用の化粧水をオススメしているといいます。

敏感肌用化粧水の正しい使い方

皮膚科医の化粧水

皮膚科の先生によると、化粧水の量を間違ってしまうことでも、返って乾燥を招いてしまうといいます。

皮膚科の先生が考える敏感肌化粧水の適量は、1/2~1/3の量だと考えられています。

これを手のひらにとり、手の上で温めた後に顔全体を覆うように、優しく抑えながら付けていきます。
この行為を2、3回繰り返し行うことで、少しずつ浸透させていくのがポイントなのです。

まとめ

皮膚科の先生が考える、敏感肌用の化粧水が肌に行き渡ったサインは、肌のモチモチ感です。

肌が吸い付いてくるような感覚がある場合は、肌へと上手く浸透できたという証である、と皮膚科では教えているのです。

<口コミ満載!敏感肌用化粧水のランキングはこちら>

Menu
ページTOPへ戻る