敏感肌化粧水の口コミランキング

ニキビ肌の方へ!化粧水を選ぶ3つポイント

化粧水を使っている敏感肌の人が、ニキビ肌になってしまうことが、とても多くなってきたといわれています。

ニキビには、思春期ニキビや大人ニキビがあり、どちらの場合もきちんとケアしてあげることで改善されます。

ニキビが出来にくい化粧水を選ぶ

ニキビ肌

女性は毎日のように化粧を行うため、毛穴にゴミが溜まりやすく、ニキビ肌になってしまう人も多いのです。
また敏感肌の人も増加傾向にあり、敏感肌用の化粧水も増えてきています。
敏感肌の人の場合は、肌が乾燥しやすい状態が続いてしまうため、特にニキビが出来やすくなってしまいます。

また、敏感肌の人でも、毛穴に角質や化粧の洗い残しなどが詰まってしまうことで、ニキビが出来てしまうこともあります。
このような場合であれば、洗顔で丁寧に洗い流してから、ニキビ肌にならないように化粧水を使って肌を変化させていきましょう。

敏感肌用の化粧水に含まれている成分を見る

ニキビ肌になってしまった場合、何も付けない方が良いという意見も多く聞かれますが、正しく化粧品などを選んでいれば敏感肌用の化粧水を使用しても何の問題もありません。
ニキビ肌になってしまった時は、消炎成分やビタミンC、オイル・アルコールフリーなどに意識してみると良いでしょう。

ニキビ肌とは、一言でいうと毛穴詰まりが原因であり、そこから炎症が起こってくるものです。
なのでニキビ肌を改善させるためには、炎症を抑えることや悪化させないことが大切になってきます。
有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムは甘草から抽出される成分で、肌への負担も少なく敏感肌の人でも使用することが出来ます。

また、ビタミンCには余分な皮脂を抑える効果があり、ニキビ肌にも効果的です。
ビタミンCは化粧水にも含まれていることが多く、外部から敏感肌用の化粧水でケアしていくことも出来るのです。

ビタミンC誘導体はビタミンCよりも効果的

ニキビ肌

ビタミンCと一口でいっても、ビタミンC誘導体といわれているものは、通常のビタミンCよりも浸透力を高めた成分となっています。
敏感肌用の化粧水には、主にこのビタミンC誘導体が含まれていることが多いので、ただのニキビ肌の人でも専用の化粧水がオススメなのです。

まとめ

オイル・アルコールフリーはニキビ肌になっている人にとってはオススメ出来ません。

出来ることなら、オイルとアルコールがまったく入っていないような敏感肌用の化粧水を選ぶようにしましょう。
ニキビが出来てもオイルが配合されている化粧品を使い続けてしまうと、さらにニキビが出来てしまう原因になってしまい、悪化することもありますので注意する必要があります。

<口コミ満載!敏感肌用化粧水のランキングはこちら>

Menu
ページTOPへ戻る