敏感肌化粧水の口コミランキング

これに注意!敏感肌が避けるべき化粧水の成分とは?

化粧水の成分などによって、肌荒れを起こす危険のある敏感肌の人は大勢います。

敏感肌の人は、主に敏感肌化粧水を使用していると思われますが、その中にも避けた方が良い成分が混ざっていることをご存知でしょうか。

化粧水を購入する時に覚えておきたい成分

敏感肌化粧水の成分

敏感肌化粧水を購入している人は、配合してある成分の表記を気にして見ている人も多いでしょう。
しかし、化粧水の表記を見る段階では、肌に刺激を与えない成分が入っていないかどうか見ることがほとんどです。

しかしそれだけでは、敏感肌の特徴である赤みやヒリヒリ感、乾燥やニキビなどを抑える事は出来ません。
敏感肌化粧水を購入する場合は、成分の特徴や配合している成分の種類などを良く理解した上で、購入した方が無駄にならないので良いかもしれません。

化粧水に良く使われている成分は?

敏感肌化粧水の成分

敏感肌化粧水であっても、良く使われているのは合成界面活性剤です。
この成分は多くの化粧品に使われていて、敏感肌の化粧水にも使われていることがあるのです。

合成界面活性剤は、肌のバリア機能である角質を溶かしてしまう危険性があり、敏感肌の人にはオススメ出来ない成分となっています。

また、合成ポリマーも敏感肌の人には大敵で落としづらいという傾向があり、洗浄力の強いクレンジングを使う必要があります。

敏感肌の人にとっては、強い洗浄力を使うことで肌トラブルになってしまうこともあるのです。

敏感肌化粧水ではあまり配合されていないエタノールも、敏感肌の人は避けた方が良いでしょう。
エタノールは殺菌や消毒などの効果があるといわれていて、肌の水分を奪いやすい成分となっています。

肌を乾燥してしまう原因になってしまったり、敏感肌の人にとっては刺激となる成分でもあります。
この成分の化粧品を使用することで肌荒れを悪化させたり、新たな肌荒れを起こすこともありますので注意が必要です。

敏感肌の人に強い刺激を与える成分は?

敏感肌化粧水にはあまり使われていることはありませんが、肌トラブルが多くなってきている人は敏感肌に近づいている危険性もあります。

このような場合は、パラベンやハイドロキノンの成分が含まれている化粧品を避けるようにしましょう。
パラベンは敏感肌の人にとって刺激が強い成分であり、時にはアレルギーなどの皮膚障害を起こすことがあります。

また、ハイドロキノンはメラニンの発生を抑えシミを防ぐ効果があるということで、美白化粧品などに含まれていることが多い成分です。

敏感肌の人には強い刺激を与えてしまい、炎症や肌が異常に白くなる白斑を引き起こすことがあります。

まとめ

敏感肌化粧水にこれらの成分が全て入っているという訳ではありません。

しかし、敏感肌の人にとってどの成分を避けた方が良いのかを知っておくことで、自分の肌に合っている敏感肌化粧水を選ぶポイントとなるでしょう。

<口コミ満載!敏感肌用化粧水のランキングはこちら>

Menu
ページTOPへ戻る