敏感肌化粧水の口コミランキング

ビタミンC誘導体化粧水を選びのために知っておくべきポイント

ニキビや美白などの、様々な肌トラブルに効果的だといわれているのがビタミンC誘導体です。

しかし、実際にはビタミンC誘導体を配合している化粧水の中で、本当に良いものがどれなのか気になることも多いでしょう。

ビタミンC誘導体が配合されているものを選ぶポイントは?

ビタミンC誘導体

そもそもビタミンC誘導体とは、ビタミンCを改良して浸透力をアップさせた美容成分のことを表しています。
ビタミンCには、美白効果やアンチエイジング効果など効果があるといわれていますが、成分そのものが肌へ浸透しにくいという特徴がありました。
この浸透の悪さから、ビタミンCに対してマイナス面を感じるようになっていき、ビタミンC誘導体が作られたのです。

ビタミンC誘導体が配合されている敏感肌用の化粧水には、シミやそばかすを薄くしたり、予防するなどの効果があります。
それ以外にも、ニキビを治したり予防したりする効果や、肌のくすみを改善する効果などもあるといわれています。

ビタミンC誘導体が配合されている化粧水は、敏感肌の人はもちろん乾燥肌の人でも効果的な化粧水となっています。

あなたの化粧水に含まれている種類は?

敏感肌用の化粧水などに含まれていることが多いビタミンC誘導体には、いくつもの種類があります。
その種類には、水溶性のビタミンC誘導体や油溶性のビタミンC誘導体、両性のビタミンC誘導体があるのです。

これら一つ一つに特徴がありますが、浸透力や即効性、肌への刺激などに効果があることが分かります。
敏感肌の人の場合は、この種類の中でも両性のビタミンC誘導体を使用するようにしましょう。

敏感肌に一番効果的なのはどの種類?

ビタミンC誘導体

水溶性のビタミンC誘導体が含まれている敏感肌用の化粧水の場合は水との相性が良く、浸透するのも早いという特徴があります。
それに比べて、油溶性のビタミンC誘導体が含まれている化粧水の場合は、値段が安いという特徴もあり、ドラッグストアなどのコスメに配合されています。
なお且つ低刺激ということで、敏感肌や乾燥肌の人にもオススメとなっています。

しかし、最も敏感肌に効果があるといわれているのが、両性のビタミンC誘導体が含まれている化粧水です。
この両性のビタミンC誘導体は、他のビタミンC誘導体に比べて数十倍の浸透力を持っていて、肌の奥にまで届くという特徴があります。
また最も低刺激といわれていますので、敏感肌の人には特にオススメなのです。

まとめ

両性のビタミンC誘導体は、効果が高いということで高価な化粧品となっていることが多いのです。

その場合は、油溶性のビタミンC誘導体が含まれている敏感肌用の化粧水を選ぶようにしましょう。

<口コミ満載!敏感肌用化粧水のランキングはこちら>

Menu
ページTOPへ戻る